© 2014 MARUMI SHOUKAI

未成年者のタバコ購入及び喫煙は法律により禁止されています。

当店では未成年者へのタバコの販売を行っておりません。

桃 山

杉浦非水とリーフデ号

昭和9年に国産初のパイプたばことして発売された桃山のパッケージデザインを手がけたのは、日本のグラフィックデザイナーの草分けである杉浦非水。

現在の桃山にも引き継がれているシンボリックな赤の帆船は、慶長年間に日本に漂着したオランダ商船「リーフデ号」をモデルにしている。

 

桃山(40)

1110円(40g)

昭和9年 4月20日に発売された、国産第一号のパイプたばこです。藤子・F・不二雄先生が吸っていた銘柄としても有名です。その後、2004年にJTが製造をデンマークのマックバーレン社に製造委託し、内容量も40gから50gに変更され「桃山Ⅱ」という識別名で呼ばれていた。
2015年、発売80周年を迎えデザインを一新するとともに、基本はそのまま、バージニア葉を主体にブラックキャベンディッシュ、オリエント葉などをブレンド。たばこ感はやや抑え、最初のラム酒の芳醇な香りを強調したフレッシュな喫味、しっとりとした甘い香りが特徴です。

2016年 4月に50gから40gに変更。

桃山(100)

2780円(100g)

バージニア葉を主体にブラックキャベンディッシュ、オリエント葉などをブレンド。

しっかりとした甘い香りが特徴。

桃山50と同様、デザインを一新し、たばこ感をやや抑えてトップノートをより強調したフレッシュな喫味に変更。

 

Please reload