RATTRAY'S(ラットレー)

1880年、スコットランドに生まれたチャールズ・ラットレーは少年時代にたばこ工場で働いていた。そこで彼はたばこ製造の基礎的技術を学んだ。1903年、23歳の時に独立し、スコットランドのパース市でたばこの小売店を開いた。同時に店の奥でパイプたばこ製造を開始。ハイエンドなパイプたばことして、現在でもその地位を誇るラットレーの14種類のミクスチャーが作られた。第2次世界大戦後、彼のたばこ製造機械はロンドンのマッコーネル兄弟社にレシピと共に売られ、1970年代に入ってハンブルクのウエード社に移った。1980年代後半にはコールハスに移り、現在では、コールハスがこれらの名品を製造している。

 

 

ラットレー・ブラックマロリー

2,450円(50g)

各種バージニアとオリエンタルのラットレー定番のブレンド。キャラクターはストロングでフルボディー。缶の蓋を開けたときから酸味の強い燻香がある。ラタキアは、強めに主張しているので飽きのこないたばこ。

ラットレー・プロフェッショナルミクスチャー

2,450円(50g)

ミディアムボディーのオリエンタルミックスチャーです。バージニアがベースですが、オリエンタル系のたばこの配合比が多くあります。ラタキアは他のブレンドと違い、少ない配合です。

ラットレー・ブラックバージニア

2,450円(50g)

「マイルドという言葉は使いたくないが、これは成功作品だ。」とラットレーの語った言葉通り、ブレンドは色も濃くフルな感じを受けるが、それほど強くないミディアムボディー。

ラットレー・ブラウンクルーニ

2,450円(50g)

濃い色合いにかかわらず、それほどの強さを感じない。かなり後期に開発されたのだろう。[マイルド」という言葉を嫌っていたラットレーでは、異色の仕上がりになっている。

ラットレー・ハローザウインド

2,450円(50g)

異なったバージニアのミックスチャー。W・スコットの小説「パースの美しい少女」の中で、「最も非凡な力を持った男」と表現された鍛冶屋のイメージ」から付けられた名称。強いコクを持ったフルボディーなたばこ

ラットレー・ハイランドタージ

2,450円(50g)

名品中の名品と一部の「ラタキア党」で噂されているオリエンタルミックスチャー。非常に鋭く強いラタキアが使われています。じゅうぶんな手応えのあるコク、しかも重くなく喫いやすい。ラットレー最後のレシピと言われており、ベテランスモーカーに「シリーズ最高のミクスチャー」の評価。

ラットレー・ダークフレグラント

2,450円(50g)

バージニアのキャベンディッシュにぺリクを加えたブレンド。ラットレーの中では比較的マイルド。充足感のある香喫味。着火をしてしばらくすると甘さが出る。

ラットレー・スリーノギンズ

2,450円(50g)

コクを強調、フルボディーの一歩手前。名品セブンリザーブと同じヴァージニアをベースにラタキアで味付け。刻みは比較的細かいので手巻きにすると、よりダイレクトな喫味感あり。

ラットレー・ジャックスミクスチャー

2,450円(50g)

ラタキア独特の薫香と香ばしい香りの中に甘さを秘めた不思議な出来。燃焼読度は遅く、ラタキアのタッチが最後まで持続。見た目は濃い色合いをしたブレンドだが、マイルドでコクがある。

ラットレー マーリンフレイク

2,450円(50g)

かなり香りに鋭さがありフルに近いキャラクター。

ラタキアが入っていないミックスチャーで、バージニアでこれほど芳香性と強さを持つたばこは珍しい。「バージニア・フレークの王者」の風格を持つ晩品。

カットはぺブルカット。

ラットレー・アカウンタンツミクスチャー

2,450円(50g)

「室外で喫煙のためのブレンド」。ラタキアのスモーキーな香味は男性的で荒々しさがある。微妙でナッティーな芳香、クリーミーで上質感ある味、力強い喫味もフラットに継続する逸品。食後の喫煙がおすすめ。

ラットレー スターリングフレイク

2,450円(50g)

無加香のフレイク状のたばこ。

古典的な作りのフレイク。

各種類のバージニアや熟成方法の違いなどの葉を使い、ストロングテイストを実現。

​フルボディなのでベテランスモーカー向け。

ラットレー ロンドンアイ

2,450円(50g)

加香たばこ。

ラム、ココナッツにマケドニアナッツと奥深い香喫味を醸し出している。

素材は各種バージニアにバーレーとキャベンディッシュ。

刻みは リボンカット。

​そのまま火皿に詰めて喫煙。

ラットレー オールドゴーリー

2,450円(50g)

各種バージニアのミクスチャー。

ブロークンフレーク(フレークをある程度揉みほぐした状態)とラブド(よく揉みほぐした状態)の混合で、昔からバージニアの独特な風合いに富んだ味を出すために考えられた手法。